AIの意味とは?

AI

近年、よく耳にするようになった「AI(エーアイ)」という言葉。

AIは、これからますます社会に浸透してくるため、その意味をしっかりと理解しておきましょう。

この記事では「AI」の意味について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

AIの意味

「AI」は「Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)」の略語で、日本語では「人工知能」と訳されます。
「Artificial」は「人工的な」、「Intelligence」は「知能」を意味する英単語です。

では、「人工知能」とは何かというと、実はまだ明確な定義はなく、「人工的につくられた人間のような知能」というような広い意味で使われている言葉です。

例えば、人工的に作られたお掃除ロボットのような単純な知能も「AI」ですし、ドラえもんのような人間と区別がつかないような高度な知能も「AI」です。

AIの種類

AIは「特化型(とっかがた)AI」と「汎用型(はんようがた)AI」に分けられます。

お掃除しかできないお掃除AIや将棋しかできない将棋AIなど、一つのことしかできないAIは「特化型AI」、ドラえもんのように掃除や将棋や料理やお話など、色々なことができるAIは「汎用型AI」と区別されます。

「特化型AI」は「弱いAI」、「汎用型AI」は「強いAI」ということもあります。

現時点では「汎用型AI」は実現していませんが、「特化型AI」はすでに実用化されています。
例えば、画像認識に特化したAIの画像認識精度はすでに人間を超えており、スマホユーザーの顔認証や、防犯カメラを利用した人物特定などに活用されています。

「汎用型AI」が実現するにはまだ時間がかかりそうですが、「特化型AI」の性能がこのまま向上していけば、「汎用型AI」の登場を待たずとも、かなりの社会的インパクトがあるようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。