隠居の意味や類語とは?

隠居

「御隠居様」や「隠居生活」などのように使う「隠居」という言葉。
「いんきょ」と読みます。

「隠居」は、何となく意味はわかっても、正確に説明できる方は少ないかもしれません。

この記事では「隠居」の意味や類語についてご紹介していきます。

「隠居」の意味を知り、適切に使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

隠居の意味

隠居(いんきょ)は「仕事などをやめて、のんびりと暮らすこと」という意味の言葉です。

「のんびりと穏やかに暮らすこと」が「隠居」であり、生計のための仕事はしないため、ある程度のお金がないと隠居はできません。
そのため、年を取ってお金が貯まったころに隠居するのが普通ですが、若くして隠居することもあります。

「御隠居様(ごいんきょさま)」は「隠居している人」という意味の言葉で、若い人を言うこともありますが、特にお年寄りを指すことが多いです。

「隠」は「かくれる」、「居」は「住む」という意味を持つ漢字であり、「隠居」には字の通り「俗世を離れ、山などに隠れ住むこと」という意味もありますが、前述のように「仕事をやめてのんびり暮らすこと」という意味で使うことが多いです。

隠居の類語

隠居の類語には次のような言葉があります。

  • 引退(いんたい):現役から退くこと。
  • リタイア:引退すること。
  • 御爺様(おじいさま):老年の男性を敬っていう語。

隠居の使い方

  • 家業を息子に譲って隠居する。
  • 若いうちにリタイアして、隠居生活を送るつもりである。
  • 近所の御隠居様が体調を崩したらしい。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。