癒されるの意味や類語とは?癒やされるとの違い

癒される

「君といると癒される」などのように使う「癒される」という言葉。
「いやされる」と読みます。

よく「癒し系」などの言葉も耳にしますが、「癒される」とはどのような意味の言葉なのでしょうか?

恋人から「君と一緒にいると癒される」などと言われた時に理解できるように、「癒される」の意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク

癒されるの意味

「癒される」は「穏やかな気分になること」「ストレスが軽減されること」という意味の言葉です。

「君といると癒される」で「君といると穏やかな気分になる」という意味になります。
これは、仕事の疲れやストレスなどが、君と一緒にいると和らぎ、穏やかで良い気分になれるという意味です。
恋人から「君といると癒されるよ」などと言われた場合は、かなりの褒め言葉と受け取ってよいでしょう。

一般的に、恋人には刺激よりも癒しを求めることが多いようです。
特に長期的な付き合いでは、癒しを求める傾向が強くなります。
結婚相手には刺激よりも癒しということですね。

癒されると癒やされる

「癒される」は「癒やされる」と表記されることもありますが、どちらも誤用ではありません。

一般的には「癒される」と表記されますが、国が定めたルールに従えば「癒やされる」となります。
ただし「癒」の字が常用漢字に加えられたのが1981年と比較的最近であり、それまでは特にルールがなかったため、一般的には「癒される」の表記が浸透しているようです。

よって、どちらも誤用とは言えませんが、新聞などでは「癒やされる」に統一されています。
いずれは「癒される」が誤用として扱われるようになるかもしれませんね。

癒されるの類語

「癒される」の類語には次のような言葉があります。

  • 和む(なごむ):気持ちが穏やかになる。
  • リラックスする:くつろぐ。
  • ほんわかする:温かみがあり、なごやかになる。

癒されるの使い方

  • 可愛い子猫を見ると嫌なことを忘れて癒される
  • 最近、心癒されることがないような気がする。
  • 彼女を見ているだけで気持ちが癒されていくのがわかった。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。