いやはやの意味とは?

いやはや

「いやはや、お恥ずかしい話です」などのように使う「いやはや」という言葉。

どこかで一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

この記事では「いやはや」の意味や使い方について解説していきます。

「いやはや」の意味を知り、適切に使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

いやはやの意味

「いやはや」は「言うべき言葉がないほど驚き呆れる気持ち」「対処すべき方法が分からないほど困り果てた気持ち」を表す感動詞です。

「いやはや、お恥ずかしい話です」で「どうしようもないほど、お恥ずかしい話です」というような意味になります。

「いやはや」は「いやはや、まったく~」と使われることも多く、この場合の「まったく」は「実に」「本当に」という意味であり、意味を強調するために使われています。
「いやはや、まったくお恥ずかしい話です」で「どうしようもないほど、本当にお恥ずかしい話です」という意味になります。

いやはやの使い方

  • いやはや、とんでもないことになってしまった。
  • 彼の言い分を聞いたが、いやはや呆れて物も言えないね。
  • いやはやまったく、この有様は一体何だ。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。