ほっこりの意味とは?

「ほっこり」は日常会話でも使われる言葉で、耳にする機会も多いですが、京都では少し異なる意味で使われています。
「ほっこり」はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ほっこりの意味

ほっこりは「ほかほかと暖かいさま」という意味の言葉です。

ほっこりは「ほっこりとした焼き芋」というように物理的に暖かい様子だけでなく、「子猫をみてほっこりした」というように気持ちが暖かくなった様子を表すこともできます。
気持ちについて表す場合は「癒される」というニュアンスですね。

これとは別に京都では、「身体は疲れているけれど心は充足している状態」などを表すときに「ほっこり」という言葉が使われます。
例えば、しんどい仕事を終えて一息ついたときなどに「ほっこりした」と表現します。

このように、京都で使われる場合は意味が異なるので、京都に行った際に「ほっこり」を使う場合は注意が必要です。

ほっこりの使い方

<ほかほかと暖かいさまという意味>

  • 僕の好物はほっこりとした焼き芋である。
  • 可愛い赤ちゃんをみてほっこりした。

<京都で使われている意味>

  • 仕事を終えて家に帰り、ほっこりとした。
  • ほっこりしたから喫茶店に入ろう。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。