禍々しいの意味とは?

禍禍しい

ちょっと読みにくい「禍々しい」という言葉。
「まがまがしい」と読みます。

この記事では「禍々しい」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

「禍禍しい」の正しい意味を知り、適切に使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

禍々しいの表記

「禍々しい」は「曲々しい」や「曲曲しい」と表記することも出来ます。
誤用のようですが、誤用ではないので注意しましょう。

ただし、一般的にはほぼ「禍々しい」や「禍禍しい」と表記されます。

禍々しいの意味

禍々しいは「何か悪いことが起こりそうな嫌な感じがするさま」「不吉なさま」という意味の言葉です。
恐ろしくて不気味で何かが起きそうな気配がする様子を「禍々しい」と表現します。

辞書には「忌々しい(いまいましい」という意味も載っていますが、現代では、この意味ではあまり使いません。
この用法は少し古い用法です。

「禍」は「災い」や「不幸せ」を意味する漢字であり、災いを生み出す伝説上の怪物の名前でもあります。
「禍」の反対語は「福」です。

この「禍」を二つ重ねて形容詞化した言葉が「禍々しい」。
「禍」の意味を知ると「禍々しい」のイメージもしやすいと思います。

禍々しいの使い方

  • よく来る場所なのに、夜中だとひどく禍々しく感じられる。
  • 禍々しい姿をした巨大な黒蛇。
  • 暗い洞窟を進むにつれて、禍々しさが増していった。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。