忌々しいの意味や読み方とは?

忌々しい

「忌々しいやつ」などのように使う「忌々しい」という言葉。

どこかで一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?

実は「忌々しい」には読み方が二通りあり、読み方によって意味が異なります。

この記事では「忌々しい」の読み方や意味について解説していきます。

スポンサーリンク

忌々しいの読み方

忌々しいは「いまいましい」または「ゆゆしい」と読みます。

「ゆゆしい」は「由々しい」とも書き、「いまいましい」とは異なる別の意味の言葉です。

この記事では「いまいましい」の意味について解説していきますので、「ゆゆしい」については「由々しい・忌々しいの意味とは?」をご覧ください。

忌々しいの意味

忌々しいは「悔しくて腹立たしい」「しゃくにさわる」という意味の言葉です。
腹立たしいことをしてきた相手を「忌々しいやつ」と言ったりします。

「忌々しい」は「不吉なことを嫌って避ける」という意味の「忌む」の連用形を重ねて形容詞化した言葉です。

「忌々しい」はもともと「不吉であり、慎むべきこと」を意味した言葉ですが、これが「残念である」という意味に転じ、中世以降に現在のような「腹立たしい」という意味で使われるようになりました。

漢字表記については、正しくは「忌ま忌ましい」とすべきですが、現在では「忌々しい」や「忌忌しい」とするのが一般的になっています。

忌々しいの使い方

  • 忌々しいことに、あいつの思う壺だった。
  • あの時のことを思うと、忌々しい記憶が蘇ってくる。
  • 忌々しく思いながら、我慢するしかなかった。

などのように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。