驚愕の意味と類語

「驚愕(きょうがく)」はよく使われる言葉ですが、書きにくい言葉でもあります。
漢字でスラスラと書ける人はあまりいないでしょう。
驚愕の意味は何でしょうか。

スポンサーリンク

驚愕(きょうがく)の意味

驚愕は「とても驚くこと」という意味の言葉です。

「驚」も「愕」も共に「おどろく」という意味の言葉なので、驚愕は同じ意味の言葉を重ねた2字熟語ということになります。

驚愕の使い方

  • 知人の突然の悲報に驚愕した。
  • 驚愕の事実を突きつけられた。
  • 予想外の出来事に驚愕した。

というように使います。
「驚愕の事実」という言い回しはよく使われています。

驚愕の類語

驚愕の類語は多くありますので、ここでいくつか紹介しておきます。

  • 驚駭(きょうがい):とてもおどろくこと。
  • 驚倒(きょうとう):とてもおどろくこと。
  • 仰天(ぎょうてん):とてもおどろくこと。
  • 愕然(がくぜん):とてもおどろくさま。
  • 吃驚(きっきょう):おどろくこと。
  • 驚嘆(きょうたん):素晴らしい物事に接し、おどろき感心すること。
  • 驚異(きょうい):おどろき不思議がること。
  • 驚天動地(きょうてんどうち):世間を非常におどろかせること。
  • 吃驚仰天(きっきょうぎょうてん):いきなりの出来事に遭遇し、激しくおどろくこと。

など、驚愕の類語にはたくさんの言葉があります。
驚愕とほとんど同じ意味の言葉も多いですが、ニュアンスの異なる言葉もあります。

また、「驚天動地」は「きょうてんどうち」と読み、「仰天動地(ぎょうてんどうち)」という言葉は存在しないので注意が必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。