アポカリプス(apocalypse)の意味とは?

「アポカリプス(apocalypse)」は一般的にはあまり聞きなれない言葉ですが、エンターテイメントの分野では割とよく耳にする言葉です。
アポカリプスはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

アポカリプス(apocalypse)の意味

アポカリプス(apocalypse)は「天啓(てんけい)」「黙示(もくし)」または「黙示録(もくしろく)」という意味の言葉です。

天啓や黙示は共に「神が人間に示すこと」を意味する言葉。
黙示録とは「ヨハネの黙示録」のことで、「録」は「書き記したもの」という意味の言葉なので「ヨハネの黙示録」は「ヨハネが黙示について書き記したもの」という意味になります。
ヨハネの黙示録は新約聖書の中で唯一、予言的な性格を持つ書であり、特殊な書物とされています。

ヨハネの黙示録には世界の終末において起こるであろうことが書かれており、この終末論的なイメージがファンタジーゲームの題材などにもなりやすいため、「アポカリプス」という言葉はエンターテイメントの分野で多く使われていると考えられます。

ヨハネの黙示録にはサタンや赤いドラゴンが登場しますし、「千年王国」という王国まで登場します。
これはファンタジー映画やファンタジーゲームの世界観そのものですので、興味のある方は読んでみると面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。