ヘイトの意味とは?

「ヘイトスピーチ」や「ヘイトクライム」という言葉で耳にすることが多い「ヘイト(hate)」という言葉。
大きな社会問題になっているので、ニュースでも聞く機会が多いです。

「ヘイト」とはどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ヘイトの意味

ヘイト(hate)は「憎むこと」「反感を抱くこと」を意味する英単語で、「憎悪」と訳されることも多いです。

「ヘイトスピーチ」は「憎悪に基づく差別的な言動」を意味する言葉で、差別を煽るような言動も含みます。
「ヘイトクライム」は「憎悪に基づく犯罪」を意味する言葉で、「憎悪犯罪」と訳されることも多いです。

ヘイトスピーチは日本の法律ではまだ犯罪に該当しませんが、規制が厳しくなっており、ヘイトスピーチがヘイトクライムになる日も遠くは無いようです。

ゲーム用語としてのヘイト

ヘイトはゲーム用語としても使われます。

オンラインゲームでは「敵キャラがプレイヤーへの攻撃を決定するための値」を意味します。
ヘイトが高いほど攻撃目標になりやすく、敵キャラに攻撃されやすくなります。
「ヘイトが高い」や「ヘイトが上がる」という場合はこの意味です。

人狼ゲームでは「敵を倒そうとする闘争心」を意味します。
「ヘイトを撒く」や「ヘイトを稼ぐ」で相手から無用の反発を招くことを意味します。

ヘイトの使い方

  • 在日朝鮮人へのヘイトスピーチが社会問題になっている。
  • ヘイト本(へいとぼん)が出版された。
  • ヘイトが高まり、敵キャラから総攻撃を受けた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。