フェイクの意味とは?

とてもよく聞くカタカナ語の「フェイク(fake)」という言葉。

最近は「フェイクニュース」という言葉でもよく耳にするようになっています。

色々な場面で使われる「フェイク」とは、どのような意味の言葉なのでしょうか。

スポンサーリンク

フェイクの意味

フェイク(fake)は「偽の」「偽物」という意味の言葉です。
形容詞としても名詞としても使います。

トランプ大統領がよく使う「フェイクニュース」という言葉は「偽のニュース」つまり「虚偽の情報に基づいたニュース」を意味します。
「フェイクニュース」は「虚偽報道」と訳されることも多いです。

また、「フェイク」はスポーツの分野では「相手を欺くプレー」という意味で使います。
これは「フェイント」と同じ意味です。

さらに、音楽の分野では「即興演奏」という意味で使います。

このように「フェイク」は使う分野によって意味が異なりますが、基本的には「偽の・偽物」という意味で理解しておけば良いでしょう。

フェイクの使い方

  • フェイクニュースを見抜くためにはファクトチェック(=事実を検証すること)を行うことが重要である。
  • 本物だと思っていたら、よくできたフェイクだった。
  • 相手選手がフェイクに引っ掛かった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。