秀逸の意味とは?

最近、インターネット上でも使われることが多くなった「秀逸(しゅういつ)」という言葉。
ビジネスやエンターテイメントなど、幅広い分野で使われる言葉なので、意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

秀逸の意味

秀逸(しゅういつ)は「他のものより抜きんでて優れていること」という意味の言葉です。
「秀逸なデザイン」、「秀逸な発想」など、主に人が生み出すものに対して使います。
人物に対して使う場合は「秀逸」ではなく「優秀」が適しています。

「秀」という字は「花が咲いた稲」を表す象形が語源です。
花が咲いた稲は最も美しい状態であることから、「ひいでる・すぐれる」の意味が生じたとされています。

「秀」の一字だけで「もっともすぐれる」という意味を持ちます。
成績や品質の評価でも評価が高い順に「秀・優・良・可」となります。

「逸」は「世間的な枠を抜ける」という意味を持ちます。

秀逸の使い方

  • 秀逸な作品が展示される。
  • 新車の出来栄えが秀逸である。
  • 秀逸すぎる書き込み。

というように使います。
ネット上では「斬新」に近い意味合いで使うこともあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。