ビジョン(vision)の意味とは

ビジョンはとてもよく使われている言葉ですが、その意味は1つではないので、状況によって使い分ける必要がある言葉です。
ここではビジョンの意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ビジョンの意味

ビジョンには主に2つの意味があります。

1つ目が「将来の構想や展望」という意味です。
構想は「これから行おうとしていることの実現方法などを考え、骨組みをまとめること」、展望は「物事の見通し」という意味の言葉です。
わかりやすく言えば「これからどうするのか」や「将来どうなっているのか」という意味ですね。
この意味では「将来のビジョン」という言い回しも良くされます。

2つ目が「見えるもの・景色」という意味です。
「恐ろしいビジョンが見えた」と言えば「恐ろしいものが見えた」というような意味になります。
この意味では「幻覚」というニュアンスを含む場合もあります。
実際に目にしているのではなく、頭の中で見ているというニュアンスですね。

ビジョンは特に1つ目の「将来の構想や展望」という意味で使われていることが多いです。

ビジョンの使い方

<将来の構想や展望という意味>

  • わが社の社長には事業のビジョンが明確に見えているようだ。
  • 将来のビジョンを共有することが組織にとって重要なことである。

<見えるもの・景色という意味>

  • とても鮮明なビジョンで、まるで本当にその場にいるかのようだった。
  • 恐ろしい光景だが、これは単なるビジョンに過ぎない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。