感化の意味とは?

「感化される」や「感化を受ける」というように受動的に使うことが多い「感化(かんか)」という言葉。
似た意味の言葉も多いので、しっかりと理解して使いわけるようにしましょう。

スポンサーリンク

感化の意味

感化(かんか)は「影響を与えて考え方や行動を自然に変化させること」という意味の言葉です。
強制した変化ではなく、共感させ、自然に考えや行動を変化させることが「感化」です。
「感化される」は「影響を受け、考え方や行動が自然に変化する」という意味になります。

似た言葉の「触発(しょくはつ)」は「刺激を受けて行動を起こすこと」という意味の言葉です。
「触発」が具体的に行動を起こすことを意味するのに対して、「感化」は考え方や情緒(=微妙な感情)が変化するという意味合いが強いです。

また、「影響(えいきょう)」は「他のものに作用して変化させること」という意味の言葉です。
「影響」は意味が広く、人以外の物事に対しても使います。
一方、「感化」は基本的に人以外には使いません。

感化の使い方

  • いつの間にか周囲の環境に感化された。
  • 両親の感化を受けて真面目な性格になった。
  • 強い感化力を持つ指導者。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。