相乗効果の意味とは?

「相乗効果を生む」や「相乗効果を発揮する」というように、様々な分野で使われる「相乗効果(そうじょうこうか)」という四字熟語。
英語で「シナジー(synergy)」ということも多く、どちらも同じ意味の言葉です。

「相乗効果」はどのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

相乗効果の意味

相乗効果(そうじょうこうか)は「二つ以上の要素が合わさって、単純に合算する以上の効果が得られること」という意味の言葉です。

「1+1」が「2」ではなく、「3」や「4」になるような効果が「相乗効果」です。
単純に合算されるだけではなく、プラスアルファの効果があるということです。

「相乗(そうじょう)」という二字熟語だけでも「二つ以上の要素が互いに効果を強め合うこと」という意味を持ちます。
「効果」は「ある働きかけによる望ましい結果」という意味の二字熟語。
ですので「相乗効果」は良い効果が得られる場合に使うことが多いです。

相乗効果の使い方

  • 既存薬との相乗効果が期待される新薬。
  • 業務提携が相乗効果を生み、業績が回復した。
  • 相乗効果は「シナジー」や「シナジー効果」とも言われる。

というように使います。
経営用語としては「シナジー」や「シナジー効果」ということが多いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。