寛容の意味とは?寛大との違い

「寛容の精神」や「不寛容」というように使う「寛容(かんよう)」という言葉。
ここでは寛容の意味や使い方と、「寛大(かんだい)」という言葉との違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

寛容の意味

寛容(かんよう)は「心が広く、よく人を受け入れること」という意味の言葉です。

自分とは違う考え方を受け入れたり、他人の欠点などを厳しく責めずに許すことを「寛容」といいます。
「寛」は「心が広い」、「容」は「受け入れる・ゆるす」という意味を持つ漢字です。

似た言葉の「寛大」は「心が広く思いやりがあり、むやみに人を責めないこと」という意味の言葉。
「寛容」と「寛大」はほとんど同じ意味の言葉ですが、使い方が異なります。
「寛容」は「寛容する」「不寛容」「寛容な心」など、幅広く使えますが、「寛大」は「寛大する」や「不寛大」というようには使えません。
「寛大な~」と使うことが多いです。

寛容と寛大の使い方

  • 寛容な態度で人と接することが大切である。
  • 新人の失敗を寛容する。
  • 他人に不寛容だった考え方を改める。
  • 寛大な処置を望む。
  • 寛大すぎるのも問題である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。