バイアス(bias)の意味とは?

「バイアス」はそれほどよく耳にする言葉ではありませんが、意外と色々なところで使われている言葉です。
その意味はなんでしょうか。

スポンサーリンク

バイアス(bias)の意味とは

バイアスは「斜め」「偏り(かたより)」という意味の言葉です。
語源はフランス語の「傾斜」という言葉。

ここから派生して「偏りのある考え方」、つまり「偏見(へんけん)」「先入観(せんにゅうかん)」という意味でもよく使われています。
日本ではこの意味で使われることが多いですね。
例えば「バイアスのかかった考え方」と言えば「偏見のある考え方」や「先入観のある考え方」という意味になります。

また、社会調査などでは「意見に偏りを生じさせる要因」という意味でも使われます。
例えば、聞き取り調査を行うときに、調査員が優しそうな人ばかりに聞き取りを行うことなどで、バイアスが生じてしまいます。
優しそうな人ばかりに聞き取りを行うと、優しそうな人の意見ばかりが調査結果に反映されることになり、偏ってしまいますからね。

バイアスの使い方

<偏見や先入観という意味>

  • そんなバイアスのかかった考え方は良くないと思う。
  • バイアスがある君の話は聞くに堪えない。

<意見に偏りを生じさせる要因という意味>

  • 質問の内容はバイアスを排除した公正なものでなくてはならない。
  • 全てのバイアスを取り除くことは容易ではない。

というように使います。
「バイアスがかかる」という言い回しは非常によく使われているので、おさえておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。