バイタリティの意味とは?

「バイタリティあふれる人」というように使う「バイタリティ(vitality)」という言葉。
よく聞くカタカナ語ですが、何となく意味を理解している人が多いかもしれません。

正確な意味を知り、正しく使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

バイタリティの意味

バイタリティ(vitality)は「生命力」「活力」を意味する英単語で、カタカナ語としても使われている言葉です。
形容詞っぽいですが名詞です。
「バイタリティあふれる人」で「生命力や活力にあふれる人」つまり「元気な人」というような意味になります。

バイタリティ(vitality)の形容詞形は「バイタル(vital)」で「生命の」や「活力に満ちたさま」という意味になります。
医療用語として使われる「バイタル(vital)」は「バイタルサイン」の略です。
「バイタル=生命の」、「サイン=兆候」で「生命兆候」と訳されます。
具体的には脈拍や血圧などがバイタルサインです。

バイタリティ(vitality)とバイタル(vital)のいずれも、語源となっているのは「vita(ヴィータ)」という「生命」を意味するラテン語です。

バイタリティの使い方

  • 教授はバイタリティに富んだ人物である。
  • 僕は貧弱で、バイタリティに欠ける。
  • 彼のバイタリティあふれる精神は、いくつになっても変わらない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。