森羅万象の意味とは?

ちょっと難しそうな四字熟語の「森羅万象(しんらばんしょう)」。
よく耳にしますが、意味を知っている方は意外と少ないかもしれません。

ここでは「森羅万象」の意味についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

森羅万象の意味

森羅万象は「この宇宙に存在するあらゆる物や事象」という意味の言葉です。

この宇宙にある全ての物やこの宇宙で起きる全てのことが「森羅万象」に含まれており、人間や動物、山や川などの自然物の他、車などの人工物や思考や感情などの精神現象も含まれます。

漢字をみると「森羅」は「樹木が無数に連なること」、「万象」は「万物とあらゆる現象」を意味する二字熟語です。
これらを合わせた「森羅万象」は、森の中で樹木が限りなく茂る様子を無数に存在する物事に喩えた四字熟語になっています。

森羅万象は「しんらまんぞう」や「しんらばんぞう」とも読まれていましたが、現在では「しんらばんしょう」と読むのが一般的です。

森羅万象の類語

  • 天地万物(てんちばんぶつ)
  • 天地万象(てんちばんしょう)
  • 天地万有(てんちばんゆう)

などはいずれも「森羅万象」と同じく「この世に存在する全ての物や現象」を意味する四字熟語です。

森羅万象の使い方

  • 森羅万象ことごとく、始まりと終わりの間を流転する。
  • 森羅万象の中で、人間だけが特別なのだろうか。
  • 神は森羅万象を見通せる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。