吟味の意味とは?

「内容をよく吟味する」というように使う「吟味(ぎんみ)」という言葉。
ちょっと読みにくい言葉ですが、どのような意味の言葉でしょうか?

スポンサーリンク

吟味の意味

吟味(ぎんみ)は「念入りに調べること」「念入りに調べて選ぶこと」という意味の言葉です。

「吟」は「うたう・詩歌を作る」という意味の言葉です。
詩歌を吟じる(ぎんじる)といいますよね。
あの「吟」です。
「味」は「あじわう」という意味。
「吟味」はもともと「詩歌を吟じ、その趣を味わうこと」という意味の言葉です。

転じて江戸時代には「罪状を取り調べること」という意味でも使われていたようです。
「詩歌をじっくりと味わうこと」が「罪状をじっくりと取り調べること」になったようです。

現代では罪状に限らず、物事を念入りに調べることを「吟味」といいます。

吟味の使い方

  • よく吟味した上で内容を決める。
  • 一つ一つ吟味するように語る。
  • 時間をかけて慎重に吟味した。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。