状況と状態の意味とは?

「状況」と「状態」は普段あまり違いを意識しないと思いますが、2つには違いがあります。
ここでは「状況」と「状態」それぞれの意味について解説します。

スポンサーリンク

状況と状態の意味

「状況」は「移り変わる物事の、そのときどきのあり様」という意味の言葉です。
その時々の様子を動きと関連させてとらえる場合に用います。
例えば「戦場の状況」で、刻一刻と変化する戦場のある時点の様子を表します。

一方、「状態」は「人や物事の、ある時点のあり様」を意味します。
人や物事のある時点の様子を静止的にとらえる場合に用います。
例えば「戦争状態」で戦争という状態にあることを表します。

「状況」は、ある様子を動的にとらえ、「状態」は静止的にとらえるということです。

漢字を見ると「況」は「周りの様子」、「態」は「対象物そのものの様子」を意味します。

状況と状態の使い方

  • どうにもならない状況に追い込まれる。
  • 状況が好転し、未来に希望が持てるようになった。
  • 不衛生な状態を改善しようと呼びかける。
  • 精神状態が不安定である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。