クールの意味とは?

「1クール」や「クールな人」など、色々な場面で使われる「クール」というカタカナ語。
複数の意味がある言葉なので、混乱しないように、それぞれの意味を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

クールの意味

クールには3つの意味があります。

1つ目は「冷たいさま・冷静であるさま」という意味。
「クール宅急便」や「クールな反応」という場合はこの意味です。
人の態度については「冷淡・冷ややか」などのように、ややネガティブな意味で使うこともあります。

2つ目は「カッコいいさま」という意味。
これは上記の意味から派生したスラング(俗語)で、現在では広く浸透しています。

3つ目は「連続番組の放送期間の単位」という意味です。
「1クール(わんくーる)」は「3か月(13週)」を意味し、毎週1回放送する番組であれば13回で1クールです。
「2クール」であれば、26回になります。

カタカナでは全て「クール」ですが、上の2つは英語の「cool」、3つ目はフランス語の「cours」が元になっている点が異なります。

クールの使い方

<冷たいさま・冷静であるさまという意味>

  • 練習後のクールダウンを行う。
  • 毎年、夏に行われる「クール・ビズ」の反対語は「ウォーム・ビズ」である。
  • どんな事態に遭遇してもクールな対応ができる人。

<カッコいいさまという意味>

  • 最高にクールな曲に出会った。
  • クールで便利なwebサイト。

<連続番組の放送期間の単位という意味>

  • 視聴率が低いために、1クールで終了したドラマ。
  • クールのレギュラーよりも1回の伝説。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。