ピンキーリングの意味とは?

はめる指や左右の違いによって意味が異なる「リング」。
恋愛成就では特に「ピンキーリング」が力を貸してくれるでしょう。

スポンサーリンク

ピンキーリングの意味

ピンキーリングは「小指にはめる指輪」という意味の言葉です。
「ピンキー(pinky)」は「小指」、「リング(ring)」は「指輪」という意味の英単語です。

ピンキーリングは左右の小指のどちらにはめるかで意味が違ってきます。

<右手の小指にはめるピンキーリングの意味>

ピンキーリングを右手の小指にはめる場合は、「表現力を豊かにする」という意味になります。

好きな人に自己アピールをしたかったり、仕事でもっと自己主張をしたい場合など、自分の魅力をもっとアピールしたい時に力を与えてくれます。
また、厄除けの意味もあり、厄をはらって幸運を呼び込む効果もあるとされています。

<左手の小指にはめるピンキーリングの意味>

ピンキーリングを左手の小指にはめる場合は「変化やチャンスを呼び込む」という意味になります。

片思いの人と両想いになりたいなど、願いや目的がある場合に、それを叶える力になってくれます。
片思いだけではなく、新たな出会いや、現在のパートナーとの愛情をさらに深めるなど、恋愛関係で効果が高いとされています。

<両方の小指にはめるピンキーリングの意味>

幸せは右手から入り左手から出ていく、とされているので、右手の小指にはめたピンキーリングから幸せを呼び込み、左手の小指にはめたピンキーリングで幸せをとどめる、という効果が期待できます。
両手の小指にはめるとあまり良くない、とする意見もありますが、基本的に両手にはめても問題はないようです。

ピンキーリングはサイズが小さく、値段も手ごろなので気軽につけてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。