ビストロの意味とは?

バラエティー番組の人気コーナー「ビストロスマップ」でお馴染みになった「ビストロ(bistro)」という言葉。
「ビストロ(bistro)」はフランス語ですが、日本でも使われる言葉なので意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

ビストロの意味

ビストロ(bistro)は「小さな料理店」を意味するフランス語です。
日本語では「居酒屋」と訳されることが多いです。
居酒屋や定食屋のように、気軽にワインや料理を楽しめるお店が「ビストロ」です。

フランスでは料理店の種類によって呼称が異なり、「ビストロ」の他にも「カフェ(cafe)=飲み物や軽食を提供するお店」、「ブラッスリー(brasserie)=お酒や食事を提供するビアホール的なお店」、「レストラン(restaurant)=ちょっと高級な料理店」などが使い分けられています。

日本では、これらの言葉は曖昧に使われることが多く、大きな料理店や高級な料理店でも「ビストロ」が店名に使われていたり、「ビストロカフェ」というようなお店もあります。

ちなみに、日本では高級フランス料理店を「グランメゾン(grande maison)」と言いますが、これは和製フランス語であり、海外では通じません。

ビストロの使い方

  • 本来ならレストランだが、日本ではビストロを名乗る店も多い。
  • ビストロで食事をとる。
  • テレビでビストロスマップをみる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。