微レ存の意味と読み方とは?

意味を知らないと何のことだか見当もつかない「微レ存」。
ネット上で見かけることがある言葉です。

スポンサーリンク

微レ存の読み方

微レ存は「びれぞん」と読むのが一般的ですが、「びれそん」が正しいとする意見もあります。
入力では「びれぞん」で変換できるので、「びれぞん」が有力と言えるでしょう。
ちなみに今のところ「びれそん」では変換できません。

微レ存の意味

微レ存は「微粒子レベルで存在している」の略です。
「微粒子」は「非常に細かい粒」という意味の言葉なので、「非常に細かい粒レベルで存在している」つまり「極わずかに存在している」という意味になります。
ちなみに反対語は「巨レ存(きょれぞん・きょれそん)」で、「非常に多く存在している」という意味の言葉です。

ほとんど可能性はないがゼロではない、というような場合に「可能性は微レ存」というように使いますが、可能性がちょっと低い程度で使うこともあります。
反対に可能性が非常に大きい場合は「可能性は巨レ存」となります。

微レ存の使い方

  • 明日、地球が滅亡する可能性が微レ存
  • 僕が結婚できる可能性が微レ存
  • 学校が休みになる可能性が微レ存だから、テスト勉強はしない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。