純粋の意味をわかりやすく

「純粋(じゅんすい)」は非常によく聞く言葉で、日常的にもよく使われています。
意外にも純粋の意味は1つではなく、複数あります。

スポンサーリンク

純粋の意味とは

純粋には主に3つの意味があります。

1つ目が「混じりけのないこと」という意味です。
これは物質的に混じりけがないことを意味しており、「純粋な水」というように使われます。

2つ目が「邪念や私欲がないこと」という意味です。
これは精神的に綺麗で混じりけがないことを意味しており、「純粋なこころ」というように使われます。

3つ目が「そのことだけをひたむきに行うこと」という意味です。
これも精神的な意味で、意思に混じりけがないことを表しています。
「純粋に夢だけを追いかける」というように使います。

日常的にはあまり意味を区別せずに使っているかもしれませんが、改めて見てみると確かに違う意味です。
いずれもよく使われる意味なので、しっかりと理解した方が良いでしょう。

純粋の使い方

<混じりけのないことという意味>

  • 純粋な水はとても透明度が高い。
  • 純粋な金のことを24金という。

<邪念や私欲がないことという意味>

  • あのころの純粋な気持ちを思い出した。
  • 友人の純粋な気持ちに心を打たれた。

そのことだけをひたむきに行うことという意味>

  • 純粋に学問を究める(きわめる)ことだけを考えている。
  • 夢だけを純粋に追い求め、気が付いたら中年になっていた。

というように使います。

1番上の例文で「純粋な水」としましたが、純粋な水のことを「純水(じゅんすい)」という場合もあり、「純粋」と「純水」の発音は全く同じなので混同しないようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。