クライシスの意味とは?

ドラマのタイトルにもなった「クライシス(crisis)」という言葉。
社会問題を扱う際にもよく使われる言葉なので、意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク

クライシスの意味

クライシス(crisis)は「危機」という意味の言葉です。

そこで対応を誤ると取り返しのつかない事態に陥るような重大局面のことを「クライシス」と言います。
語源はギリシア語で「決定・転機」を意味する「クリシス(κρίσις)」という言葉。

あくまでも「クライシス」は不安定で危険な状態(=危機)のことなので、適切な対応によって乗り越えることが可能です。
ドラマ「クライシス」も国家的な「危機」に立ち向かう捜査官の活躍を描いています。

「クライシス」は社会問題を扱う際に、ほかの言葉にくっつけて使うことが多いです。
具体的には「宅配クライシス」「医療クライシス」「アイデンティティ・クライシス」「産後クライシス」など、この他にも多くの言葉があります。

クライシスの使い方

  • 世界経済がクライシスに陥る。
  • 産後クライシスを乗り越えた夫婦。
  • ドラマ「クライシス」の小栗旬がカッコいい。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。