「一身上の都合」の意味とは?

退職するときの決まり文句である「一身上の都合」という言葉。
社会人になれば触れる機会が多くなる言葉なので、意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

「一身上の都合」の意味

「一身上の都合」は「自分自身に関する都合」という意味の言葉です。

「一身」は「自分ひとり」や「自分自身」、「一身上」で「一身に関する」つまり「自分自身に関する」という意味になります。

退職の場合では、結婚、引っ越し、病気、ケガ、職場が合わない、仕事に不満がある、など幅広い理由が「一身上の都合」になります。
法律上、退職時に退職理由を会社に申告する義務はないので、「一身上の都合により」とだけ伝えることが慣例となっています。

逆に、会社の倒産やリストラなど、会社の都合による退職は「会社都合による退職」となります。
「一身上の都合による退職」と区別しましょう。

「一身上の都合」の使い方

  • 一身上の都合により退職させていただきます。
  • 会長が一身上の都合で辞任した。
  • 辞めた理由は一身上の都合ということだけしかわからない。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。