アッシュの意味とは?

ヘアカラーをするときによく使う「アッシュ(ash)」。
「アッシュ」と一言に言っても色に幅があるので混乱しやすい言葉です。

スポンサーリンク

アッシュの意味

アッシュ(ash)は「灰」「灰殻」という意味の英単語で、転じて「灰色」という意味で使われることが多いです。

似た言葉の「グレイ(gray)」も「灰色」で、言葉の意味としては同じですが、実際の色は「グレイ」が「純粋な灰色」であるのに対して、「アッシュ」は「色みのある灰色(=カラードグレイ)」を指します。

一般に、「アッシュ」は「少し黄色みがかった灰色」を指すことが多いですが、ヘアカラーの「アッシュ」は「青紫色に近い灰色」を指します。
「アッシュ系」という言葉もあるように、「アッシュ」はミックスする色によって様々なバリエーションを楽しめます。
「アッシュグリーン」、「アッシュブルー」、「アッシュシルバー」というような具合です。

「アッシュ」は「灰色っぽい色」と理解しておくと良いでしょう。

アッシュの使い方

  • ヘアカラーをアッシュブルーに変えて大人っぽくなった。
  • アッシュ系のヘアカラーが今年の流行である。
  • 「ドラゴンアッシュ」のバンド名は「だらだらしていると灰になる」という意味らしい。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。