紆余曲折の意味とは?

「紆余曲折を経て~」という言い回しでよく聞く「紆余曲折(うよきょくせつ)」という四字熟語。
人生は「紆余曲折」があった方が面白いかもしれません。

スポンサーリンク

紆余曲折の意味

紆余曲折(うよきょくせつ)には2つの意味があります。

1つ目は「道や川などが曲がりくねること」という意味です。
「紆余曲折した道」というような場合はこの意味です。

2つ目は「物事が順調に運ばず、込み入った経過をたどること」という意味です。
「紆余曲折を経て~」や「紆余曲折の末に~」というような場合はこの意味です。

「紆余曲折」は1つ目の意味でも使いますが、2つ目の意味で使われる方が多いです。

「紆余」は「曲がりくねること」、「曲折」は「折れ曲がること」や「込み入った事情」という意味を持つ言葉です。
2つを合わせた「紆余曲折」は道などの物質的なものが曲がりくねることと、物事の事情が込み入っていることを意味する、と理解しておきましょう。

紆余曲折の使い方

<道や川などが曲がりくねることという意味>

  • 紆余曲折した川をくだる。

<物事が順調に運ばず、込み入った経過をたどることという意味>

  • 紆余曲折を経て現在に至る。
  • 紆余曲折の末にようやく成功した。
  • 思えば、様々な紆余曲折がありました。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。