インフラの意味とは?

ニュースでよく聞く「インフラ」という言葉。
最近「インフラの老朽化」が社会問題になっているため、この言葉を聞く機会も増えそうです。

スポンサーリンク

インフラの意味

インフラは「産業や社会生活の基盤」を意味する言葉で、「インフラストラクチャー(infrastructure)」の略語です。

産業活動や社会生活を行うための土台となる施設が「インフラ」で、具体的には「道路」、「上下水道」、「電力網」、「通信施設」などの他、「教育施設」や「医療施設」などを含める場合もあります。

「道路」が無ければ「輸送」、「電力網」が無ければ「電力使用」ができず、「通信施設」が無ければ「インターネット」もできません。
「インフラ」は「それがないと皆が困るような公共施設」と簡単に理解してもわかりやすいでしょう。

日本のインフラの多くは高度経済成長の時代に造られたため老朽化が進み、社会問題になっています。
一朝一夕に解決する問題ではないので、これから「インフラ」という言葉を聞く機会も増えるかもしれませんね。

インフラの使い方

  • インフラの維持管理を行う。
  • インフラ整備が進み、経済が発展する。
  • インターネットは通信インフラに依存している。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。