言及の意味をわかりやすく

~に言及(げんきゅう)する、などと使われることが多いこの言葉。
特にニュースなどで頻繁に使われる言葉なので、意味は知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

言及(げんきゅう)の意味とは

言及は読んで字のごとく「言い及ぶ」という意味の言葉です。
及ぶとは「あるところまで達する」という意味の言葉ですので、言及は「話が、あるところまで達する」という意味になります。

例えば、Aに関連するBという事柄がある場合に、Aについてのみ発言すれば、「Aに言及するにとどまり、Bには言及しなかった」ということになり、AとBについて発言すれば「AだけでなくBにまで言及した」ということになります。

言及の使い方

  • 不祥事を起こした会社の社長が、自身の進退問題に言及した。
  • 時間稼ぎのために、あえて不要なことにまで言及した。
  • 言及しなくてはならないことが多い。

というように使います。

この言葉は日常会話ではまず使われません。
ちょっと固い言葉で、ニュース番組や新聞などで頻繁に使われます。
大抵、責任のある立場の人が発言した内容を紹介するときに「言及」という言葉は登場します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。