一期一会の意味とは?

読みにくい四字熟語の「一期一会」。
「いっきいっかい」ではなく「いちごいちえ」と読みます。
どのような意味でしょうか。

スポンサーリンク

一期一会の意味

一期一会(いちごいちえ)は「一生に一度しかない機会」という意味の言葉です。
一生に一度の出会いのことを「一期一会の出会い」と表現したりします。

「一期」は「人が生まれてから死ぬまでの間」、「一会」は「法要などの集まり」を意味する仏教用語で、「一期一会」はもともと茶道で使われていた言葉です。
茶道では「茶会は毎回、一生に一度のつもりで誠意を尽くすことが肝要である」という教えを「一期一会」と言います。
この場合の「一会」は「茶会」のことですね。

これが転じて、茶道以外でも一生に一度の機会のことを「一期一会」というようになりました。

一期一会の使い方

  • 一期一会の恋。
  • 一期一会のつもりで大切にする。
  • 座右の銘は一期一会です。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。