アバンチュールの意味とは?

「ひと夏のアバンチュール」というように使う「アバンチュール(aventure)」という言葉。
「アバンチュール」はもともとフランス語で、カタカナ語として使う場合は意味が少し変化します。

スポンサーリンク

アバンチュールの意味

アバンチュール(aventure)は「冒険」という意味のフランス語です。
英語の「adventure(アドベンチャー)」の語源になっている言葉です。

「アバンチュール」はカタカナ語としては「恋の冒険」を意味します。
「旅先での恋愛」や「一夜限りの恋」などの冒険的でちょっと危険な恋愛が日本でいうところの「アバンチュール」です。
そのため「アバンチュール」は「恋の火遊び」と訳されることもあります。

火遊びはしない方が良いですが、旅先などの開放的な状況では理性が働きにくくなるのかもしれませんね。

アバンチュールの使い方

  • ひと夏のアバンチュールを楽しむ。
  • 一夜のアバンチュールを求める。
  • 旅先でのアバンチュールを期待している。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。