アセットの意味とは?

「アセットマネジメント」というように使う「アセット(asset)」という言葉。
投資の分野だけでなく、ITの分野でもよく使うので意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

アセットの意味

アセット(asset)は「資産」「財産」「有用なもの」という意味の言葉です。

「アセットマネジメント」で「資産管理」、特に「投資用資産の管理・運用」という意味になります。

「アセット」はITの分野で使われることも多く、「デジタルアセット」で「デジタル資産」という意味になります
「デジタルアセット」は「デジタルで記録された動画や音楽や文書ファイルなど」のことです。
また「ソフトウェア」や「ライセンス」なども「アセット」といいます。

「デジタルアセット」の量は加速度的に増えており、重要度も増しているため、「デジタルアセットマネジメント」という言葉もあります。
これは「デジタル資産の管理」という意味です。

アセットの使い方

  • アセットを担保に資金を調達する。
  • アセットマネジメント業務を行う投資銀行。
  • デジタルアセットを管理する必要がある。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。