石の上にも三年の意味

「石の上にも三年」は非常に有名なことわざで、「石の上にも三年いれば暖まる」ともいいます。
どのような意味でしょうか?

スポンサーリンク

石の上にも三年の意味とは?

石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)は「我慢強く辛抱していれば、いずれは報われる」という意味のことわざです。
冷たい石の上に座ると最初は冷たいですが、次第に暖まってくることが喩えになっています。

石の上にも三年の「三年」は「三年間」という意味ではなく、長い間の比喩として用いられている言葉なので、必ずしも「三年間我慢することが必要」ということではありません。
あくまでも「しばらくの間は我慢することが必要」という意味です。

基本的に、「石の上にも三年」はポジティブな言葉として使われますが、否定的な意見もあります。
特に仕事の面では「必ずしも同じ会社に長い間いる必要はない」という意見もあり、早めに見切りをつけて新しい仕事を始める、という考え方もあります。
この辺はケースバイケースで、自分で判断するしかなさそうですね。

石の上にも三年の使い方

  • 石の上にも三年というからすぐに辞めるのはどうかと思う。
  • 辛い時を我慢して乗り越えよう。石の上にも三年だ。
  • 石の上にも三年いれば暖まる、忍耐あるべし。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。