百聞は一見にしかずの意味、続きの言葉

百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)は有名なことわざですが、続きの言葉があることはあまり知られていないと思います。
ここでは百聞は一見にしかずの意味とその続きの言葉を紹介していきます。
まずは意味から。

スポンサーリンク

百聞は一見にしかずの意味は?

百聞は一見にしかずは、「人から百回聞くよりも自分で一回見た方が理解が速く正確だ」という意味のことわざです。

ことわざなので戒め(いましめ)としての意味も含まれており、「何ごとも自分の目で見て確かめるべきだ」という意味合いが込められています。
ちなみに「戒め」とは、過ちを犯さないように前もって注意を与えることで、「教訓」と同じ意味の言葉です。

百聞は一見にしかずに続く言葉

百聞は一見にしかずの後には、「百見は一考にしかず」、「百考は一行にしかず」、「百行は一果にしかず」と続きます。

「百見は一考にしかず(ひゃっけんはいっこうにしかず)」は「いくら自分でたくさん見ても考えなければ意味が無い」ということ。
「百考は一行にしかず(ひゃっこうはいっこうにしかず)」は「いくらたくさん考えても、それを実行に移さなくては意味が無い」ということ。
「百行は一果にしかず(ひゃっこうはいっかにしかず)」は「いくら実行に移しても成果をあげなくては意味が無い」ということ。

これらをまとめると、「自分の目で見て考え、それらを実行に移して成果に結びつけることが重要である」という意味のことわざとなり、全体的に韻を踏んでいてとても綺麗なことわざになります。

「百聞は一見にしかず」の由来は古代中国の漢詩で、そこには続きの言葉が記されていないため、続きの言葉は後世に付け加えられたものだと考えられています。
後世の人々は良い仕事をしましたね。

百聞は一見にしかずの使い方、類語

  • あれはとても面白い映画だったよ。百聞は一見にしかずだから今度観てきなよ。
  • 百聞は一見にしかずというから、実際に行ってみない?
  • 実際に行ってみてすごく良く分かった。百聞は一見にしかずとはよく言ったものだね。

というように使います。

ちなみに、「百聞は一見にしかず」と同じ意味の言葉としては「聞いた百より見た一つ」や「聞いた百より見た五十」「聞いた千篇より見た一遍」などがあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。