もといの意味とは?

よく口にする人がいる一方で、意外と意味を知らない人も多いこの言葉。
けっこう便利な言葉なので、使えるようにしておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

もといの意味

もといは「今の発言は言い間違えなので訂正して無かったことにする」という意味の言葉です。
もといを漢字で書くと「元い」となり、「元へ」が変化したものだといわれています。

もといの使い方

  • 山田さん…、もとい!佐藤さん。
  • その件はすでに終わらせているはずですが…もとい、まだでした。
  • もうスタートさせていいよ。もとい!もうちょっとまって!

というように使います。
言い間違えをした時などに、いちいち「今のは言い間違えですので訂正します」と説明するのは面倒ですし、話の流れも止まってしまうので、一言で済ますことができる「もとい」という言葉はとても便利です。

もといの由来

もといの由来には、軍隊の号令であるとする説と、元結(もとゆい)であるとする説があります。

軍隊の号令説は軍の「もとへ戻れ」の号令が「もとへ」というので、それが語源になったとする説です。

元結説は昔の床屋さんが髷(まげ)の元結を締めなおすところからきているとする説です。
元結とは日本髪を結うときに髪の根元を束ねるために使うひものことです。
元結は別名「もっとい」というので、もといの語源として説得力があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。