アイコンの意味とは?

スマホやパソコンの普及により、目にしない日がない「アイコン(icon)」ですが、実は「アイコン」という言葉には複数の意味があります。

スポンサーリンク

アイコンの意味

アイコン(icon)には2つの意味があります。

1つ目は「ソフトウェアの機能などを表した小さな絵記号」という意味です。
見た目で機能がわかりやすいように、スマホやパソコンのディスプレイに表示されている絵記号が「アイコン」です。
「アイコンをクリックする」や「アイコンが表示される」という場合はこの意味です。

2つ目は「あこがれの的になるもの」「象徴的なもの」という意味です。
「アイコン女優」で「あこがれの的となる女優」や「象徴的な女優」という意味になります。

「アイコン」はギリシア語の「eikón(イコン)」が語源で、これは「聖像」や「崇拝の対象になるもの」という意味の言葉です。
2つ目の意味の方が語源に近いですが、スマホ・パソコンの普及で1つ目の意味で使うことが多くなっています。

アイコンの使い方

<ソフトウェアの機能などを表した小さな絵記号という意味>

  • ショートカットをアイコンで表示する。
  • エクセルのアイコンをクリックする。

<あこがれの的になるものや象徴的なものという意味>

  • ファッションアイコンになっている有名人。
  • 時代のアイコンとなる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。