続柄の意味とは?

公的な文書に記入することが多い「続柄」。
意味がわからないと困るので、しっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

続柄の読み方

「続柄」の正式な読みは「つづきがら」、慣用読みでは「ぞくがら」と読みます。
「慣用読み(かんようよみ)」は「正式な読み方ではないが、広く一般に浸透している読み方」のことで、どちらの読み方も誤読ではありません。

続柄の意味

「続柄」は「親族としての関係」という意味の言葉です。

一家を構成する「父・母・祖父・祖母・子」などのことです。
「続柄」は「答える人=本人」が誰になるかで変わってきます。

例えば、子供からみた父親との「続柄」は「父」、父親からみた子供との「続柄」は「子」、父親からみた祖父との「続柄」は「父」となります。
誰からみた続柄なのかを意識することが重要です。

続柄の使いかた

  • 書類に名前と続柄を記す。
  • 登場人物の続柄が覚えられない。
  • 世帯主は僕の父親なので、僕と世帯主の続柄は父になる。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。