ギャップ(gap)の意味とは?

ギャップ

洋服店の名前としても有名な「ギャップ」という言葉。

日常的に使われている言葉ですが、その意味は1つではありません。

この記事では「ギャップ」のそれぞれの意味について解説していきます。

スポンサーリンク

ギャップの意味とは

ギャップは「割れ目・すき間」または「食い違い」という意味を持つ言葉で、英語では「gap」と表記されます。

「ギャップ」は、日本では「食い違い」という意味で使われることが多いです。
例えば「ギャップがある男はモテる」という場合の「ギャップ」は「イメージと実際との食い違い」という意味になります。
見た目が不良っぽくて周囲からは悪そうなイメージを持たれている奴が実はいい奴、などようなイメージと実際との食い違いことです。

また、よく耳にする「ジェネレーションギャップ」も「食い違い」という意味で使われており、ジェネレーションは「世代」なので「ジェネレーションギャップ」で「世代間の考え方などの食い違い」という意味になります。

洋服店のギャップの由来

「洋服店の「GAP(ギャップ)」は「ジェネレーションギャップ」が由来です。

GAP創業者が友人たちとジェネレーションギャップについて議論していたときにお店の名前を思いついたそうです。

ギャップの使い方

  • 板と板のギャップを埋めることが出来ずに困っている。
  • 若い友人と話すとジェネレーションギャップを感じることがある。
  • GAPで洋服を買ってきた。

1つ目が「隙間」という意味、2つ目が「食い違い」という意味、3つ目は「お店の名前」です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。