レガシーの意味とは?

オリンピック関連でよく聞く「レガシー(legacy)」という言葉。
良い意味でも悪い意味でも使われる言葉です。

スポンサーリンク

レガシーの意味

レガシー(legacy)は「遺産」という意味の言葉です。

「遺産」は「故人の残した財産」や「先人の残した業績」という意味の言葉。
物質的なものだけでなく、精神的なものも含みます。
「大統領としてのレガシーを作る」で「大統領としての業績(退任してからも残るような業績)を作る」という意味になります。

「レガシー」はIT分野で使われることも多く、この場合は「時代遅れの古いもの」という意味になります。
「レガシーデバイス」、「レガシーOS」、「レガシーインターフェイス」など、多くの言葉があり、いずれも「時代遅れの古いもの」という意味です。

「負の遺産」という言葉もあるように、遺産は良いものだけではないということですね。

レガシーの使い方

  • オリンピック会場をレガシーとして残す。
  • 首相が任期中にレガシーを作る。
  • レガシーOSはセキュリティが不安である。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。