ルーティン(ルーチン・ルーティーン)の意味とは?

「ルーティンワーク」でお馴染みの「ルーティン(routine)」という言葉。
「ルーチン」や「ルーティーン」とも言いますが、どのような意味の言葉でしょうか。

スポンサーリンク

ルーティンの意味

ルーティン(routine)は「決まりきった手続きや手順」という意味の言葉です。

「ルーティンワーク」で「決まりきった手順で行う業務」という意味になります。
決まりきった日常の業務などを「ルーティンワーク」といい、創意工夫が必要ない業務なので、「つまらない仕事」という意味で捉えられることも多いです。

「ルーティン」はスポーツの分野でもよく使われており、特にイチロー選手の「ルーティン」が有名です。
イチロー選手は一連の決まった動作をしてからバッターボックスに入り、袖を引っ張りバットを立てる動作をしてから構えます。
これは毎回繰り返される一連の動作で、イチロー選手がベストなパフォーマンスをするために必要な「ルーティン」です。

「ルーティン」はスポーツの分野では「ルーティン・ルーティーン」、ビジネスなどでは「ルーチン」ということが多いです。
英語の発音に一番近いのは「ルーティーン」だと思います。

ただ、「ルーティン・ルーティーン・ルーチン」はいずれも同じ言葉なので、特に使い分ける必要はないとも思います。

ルーティンの使い方

  • ルーティンワークばかりで面白くない。
  • 一流の選手ほどルーティンにこだわりがある。
  • ルーティン化された内容をもう一度見直す。

というように使います。

スポンサーリンク

2 thoughts on “ルーティン(ルーチン・ルーティーン)の意味とは?

  1. ピンバック: ラグビーの五郎丸選手のポーズで注目!新たなルーティーンを作ってみよう~Tera school(テラスクール)より お寺deお役立ち~ | しんらん交流館HP 浄土真宗ドットインフォ

  2. ピンバック: あえてルーティンを作くらないことで得られたメリットとは!? | GoldenAge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。