リザーブの意味とは?

スポーツ用語としてよく使われる「リザーブ(reserve)」。
「リザーブ」は色々な場面で使われる言葉で、最近ではネットで「リザーブ」することも多く、便利なので意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク

リザーブの意味

「リザーブ(reserve)」は「予約すること」「取っておくこと」という意味の言葉です。

ホテルやレストランの予約をすることや、スポーツで補欠のことを「リザーブ」といいます。

「re=後」、「serve=奉仕する」なので「reserve」で「後で奉仕する」つまり「予約する」や「取っておく」という意味になります。

「リザーブ」は他の言葉とくっつけて使われることも多く、「リザーブチーム(=控えチーム)」、「リザーブプレイヤー(=補欠選手)」、「リザーブタンク(=予備タンク)」などの言葉があります。

最近では映画の予約などもネットで手軽にできるので、「リザーブ」の意味を知っておくと役に立つと思います。

リザーブの使い方

  • 映画のチケットをリザーブする。
  • あらかじめ燃料のリザーブを用意しておく。
  • しばらくリザーブチームでプレーすることになった。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。