リカバリーの意味とは?

「データのリカバリーが困難である」というように使う「リカバリー(recovery)」という言葉。
ITの分野でもよく使われ、「リカバリー」できるか否かで雲泥の差になるので、意味をしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

リカバリーの意味

リカバリー(recovery)は「復旧・回復」「取り戻すこと」という意味の言葉です。

「故障したパソコンのリカバリーを行う」で「故障したパソコンの復旧を行う」、「失敗をリカバリーする」で「失敗を取り戻す」という意味になります。

「リカバリー(recovery)」は名詞なので、本来は「リカバリーを行う」というように使うべきですが、「リカバリーする」というように動詞形として使われることも多いです。
このような使い方はカタカナ語によくあるパターンなのであまり気にしない方が良いでしょう。

ミスをしたとしても後で「リカバリー」ができれば大丈夫です。
データが破損してもあきらめずに「リカバリー」を試みましょう。

リカバリーの使い方

  • 心身のリカバリーをサポートする。
  • データのリカバリーが可能である。
  • 勉強の遅れをリカバリーする。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。