フロンティアの意味とは?

「フロンティア精神を育む」というように使う「フロンティア(frontier)」という言葉。
日本ではもともとの意味から派生した意味で使うことが多いです。

スポンサーリンク

フロンティアの意味

フロンティア(frontier)は「国境」「辺境」または「未開拓の分野・最先端の分野」という意味の言葉です。

「フロンティア」はもともと「国境」という意味の言葉ですが、アメリカでは「辺境」という意味で使われることが多く、意味が転じて日本では「未開拓の分野・最先端の分野」という意味で使われることが多いです。
土地に限らず、未開拓の分野なども比喩的に「フロンティア」というわけです。

「フロンティア精神」は「開拓者精神」とも言われ、アメリカの開拓者たちの意欲と行動力にあふれた勇気ある精神のことを言います。
日本で「フロンティア精神」という場合は、「ビジネスなどで新しいことに挑戦する精神」というような意味で使われることが多いです。

フロンティアの使い方

  • アメリカにフロンティアがあった時代は終わった。
  • AI技術のフロンティアを切り開く。
  • フロンティア精神を養う。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。