付加価値の意味をわかりやすく

ビジネスや経済の分野でよく使われる「付加価値(ふかかち)」という言葉。
重要な意味の言葉なので理解しておきましょう。

スポンサーリンク

付加価値の意味

付加価値(ふかかち)は「生産過程で新たに付け加えられた価値」という意味の言葉です。
文字通り「付加」された「価値」という意味です。

例えば、1万円の原材料を仕入れて加工し、完成した製品を3万円で売った場合、その製品の付加価値は「3万円-1万円」で2万円になります。
3万円の製品は新たに2万円の価値を生み出した、ということです。

このような、生産過程で生み出された付加価値の合計を「GDP(ジーディーピー)」、日本語では「国内総生産」といいます。
日本国内で生み出された付加価値の合計が「日本のGDP」です。

また、「付加価値」は「ある商品やサービスなどに付け加えられた独自の価値」という意味でも使われます。
例えば、アイドルグッズの直筆サインなどが、この意味で言う「付加価値」です。

付加価値の使い方

  • 付加価値を高めて生き残りを図る。
  • 付加価値をつけて高値で売る。
  • タレントと実際に会える高付加価値のサービスが話題。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。