ファイナンスの意味とは?

「ファイナンス理論」や「ファイナンスを行う」というように使われる「ファイナンス(finance)」という言葉。
「ファイナンス」は複数の意味を持つ言葉なので、それぞれの意味について解説します。

スポンサーリンク

ファイナンスの意味

ファイナンス(finance)には3つのの意味があります。

1つ目は「資金」「財源」という意味です。
事業などを行うために必要なお金のことを「ファイナンス」といいます。
「必要なファイナンスを確保する」という場合はこの意味です。

2つ目は「財政」「財務」という意味です。
事業活動などのためのお金を管理することも「ファイナンス」といいます。

3つ目は「金融」「資金調達」という意味です。
「お金を供給すること」と「調達すること」のどちらも「ファイナンス」です。
「ファイナンスを行う」という場合はこの意味です。

「ファイナンス」は特に3つ目の意味で使われることが多いです。

ファイナンスの使い方

<資金や財源という意味>

  • ファイナンスが不足している。

<金融や資金調達という意味>

  • ファイナンス理論を学ぶ。
  • 赤字補填のためにファイナンスする。

というように使います。
「ファイナンス」は「ファイナンスする」というようにも使われており、これは「融資する」や「資金を調達する」という意味になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。