感銘の意味とは?

「感銘を受ける」や「感銘を与える」というように使う「感銘(かんめい)」という言葉。
ビジネスシーンでも使われる言葉なので意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

感銘の意味

感銘(かんめい)は「忘れられないほど深く感動すること」という意味の言葉です。

心に深く刻み付けるように感動することを「感銘」と言います。
「感銘を受ける」で「忘れられないほど深く感動する」という意味になります。

「感銘」は「深く」という意味を含んでいますが、「深く感銘する」や「強い感銘」など、さらに意味を強める表現もよくされます。
意味が重複するようにも感じますが、誤用ではありません。

漢字をみると「感」は「感動」、「銘」は「心に刻み付ける」という意味の言葉です。
2つを合わせると「忘れられないほど深く感動する」という意味になります。

感銘の使い方

  • 恩師の言葉に感銘を受けた。
  • 少年に強い感銘を与えた出来事。
  • 一冊の本に深い感銘を覚えた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。