ディベートの意味とは?

「ディベート大会」というように使われる「ディベート(debate)」という言葉。
「ディスカッション」と似ていますが、どのような意味でしょうか。

スポンサーリンク

ディベートの意味

ディベート(debate)は「討論」という意味の言葉です。

賛成と反対の2組に分かれて、議論を戦わせることを「ディベート」と言います。
自分の意見の正当性を論理的に説明しあうことが「ディベート」なので、感情的になる「口論」とは異なります。

また、似た言葉の「ディスカッション」も「討論」と訳されますが、「ディベート」が「意見の対立」が必要であるのに対して「ディスカッション」は「単なる意見交換」も含まれます。
両者は厳密には違いがありますが、どちらも日本語では「討論」と訳されるように、混同して使われることも多いです。

ディベートの使い方

  • ディベート大会に出ることになった。
  • 論理的思考を鍛えるためにディベートを行う。
  • 学校の授業にディベートを取り入れた。

というように使います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。